WEB制作、デザインとアプリ開発の世界

web製作レポ

最新情報

2014/04/11
アプリを更新
2014/04/11
デザインを更新

WEB制作

webseisaku

WEB制作。インターネット全盛の現代にあって、この仕事は今や社会に欠かせない存在となっています。
平たく言えば、WEB制作とは「WEBサイトを作る」ということ。
我々が、日々何らかの必要性にかられてパソコンを開いてネットに繋ぎ、見ることになるWEBサイトは、WEB制作ということが行われて初めて存在しているものなのです。

特に、最先端のWEB制作の世界の特徴としては、「携帯サイト」や「スマホサイト」と呼ばれるサイトも、その比重を大きくしていること。
とりわけ、「スマホ」に関して言えば、現在ではスマホで用いられるアプリの開発も、WEB制作の業者が手がけるようになっています。
ここでは、その仕事に携わっている人たちと、彼らが行う制作の手順について見ていくことになります。

職種

WEB制作に携わっている人たち――彼らの職種にはどのようなものがあるのか、ここでは取り上げます。

まず大きなところから行くと「デザイン」に関わる仕事。ここで言うデザインというのは、アートの視点からのものばかりでなく、サイトの全体的な「在り方」をデザインするという仕事も含みます。
つまり、彼らは或るクライアントからWEBサイトの制作を依頼されるわけですが、クライアントの意を汲み、どのようなサイトが求められているのかを考え、それを描き出すという仕事が存在するわけです。

サイトの全体像のデザイナー、アートな部分を担当するデザイナーが仕事をする他にも、関わる職種はあります。
たとえば、デザイナーが描き出す全体像の中で具体的なサイトの構造や機能などのプランを提出するプランナー、作業の進捗を見たりするディレクターなどです。

制作手順

hpseisaku

上に見たように、WEB制作は、ディレクターと呼ばれる人の進行のもとで進みます。
デザイナーが依頼されたWEBサイトの全体像を描き出し、それをもとにしたプランニングが行われます。これによって骨格を整えたWEBサイトは、細部を積み上げていく段階に移るのです。
アートディレクターやライターといった人たちが、サイトの文章を書き、ヴィジュアルを作っていきます。

このような大まかな流れの中で行われる制作ですが、現在では社会の中での必要性ばかりが膨れ上がり、それに反比例して人手不足が課題となっている状況です。
制作に関わっている人たちは、職種を超えた一致体勢で事に臨んでいるという状況にあります。